シングルレバーの水道が止まらない水漏れの原因とは

シングルレバーの水道で水を止めようとしても、ポタポタときっちりと閉まらない漏れ方をしたりします。程度のひどい水漏れとは異なり、そのまま使い続ける方もいるかもしれませんが、水道代が高くなる恐れもあるので、直したり蛇口 交換することがおすすめです。

■ポタポタと漏れる理由はなにか?

シングルレバーの水が出てくる箇所に水漏れがあるケースでの原因は、中にある部品の劣化かバルブと呼ばれるカートリッジが悪くなっていることが多くなります。
カートリッジに問題がある場合は、同じ水が止まらない状況でも、レバーの向きを変更すると止まったり止まらなかったりする症状が出ます。10年以上、おなじシングルレバーを使っていると起こりやすい不具合といえます。水栓の型番が分かれば、新しいカートリッジを自分で買うこともできます。

■水道が止まらない!をそのままにするデメリット

少し水がたれているくらいでは、急いで修理や買い換えをしようという気にはならないかもしれません。しかし、少しの量の水の漏れでも、シングルレバーに不具合が生じているのは確かです。内部の部品が全体的に劣化が進んでいることも考えられますので、点検という意味でもプロの水道会社にチェックしてもらうようにしてください。あまり長期間、漏れたままにしておくと、水道代が高くなるだけでなく、キッチンに立つのが楽しくなくなってしまいます。

■まとめ
水道がいつまでも止まらないタイプの水漏れは、消耗する部品が古くなっているのが原因であることがほとんどです。比較的に頻繁に起こる不具合で、水道の工事業者に依頼してもスピーディーに対応してもらえます。これを機会にシングルレバーを新しいものに買い換え、気分を一新するのもおすすめです。まずは、水漏れの原因を特定してもらい、修理をしてもらう場合の見積もりをもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ